Loading...

 
 
 

※ 掲載の完成予想CGは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。
各種機器・配管・素材等及び周辺の建物・電線・架線等は省略及び簡略化しております。また、素材の色・質感など異なる場合があります。予めご了承ください。

凛とした空間美でもてなす、迎賓のエントランスホール。

それは、歴史を讃えるだけでなく、美しい明日を見通し、
明るく広がる上質な都心生活へと誘う迎賓の空間。
幾重にも連なるゲート調のしつらえと窓外に望む陽光と緑景が、
伝統の先にある新たな豊かさのあり方を描き上げるエントランスホールです。
住まう方の知性と感性に響き合う凛とした空間美が、おもてなしの邸宅を強く印象付けます。

松平阿波守屋敷跡地の格式と
湊の歴史的文脈が息づく意匠デザイン。

鉄砲洲稲荷神社の門前町として賑わった湊。今も街並みに残るその面影を、現代の新しい都心邸宅として昇華する空間構成や意匠素材を心がけました。時が経つごとに自然にエイジングされ、ヴィンテージ感を増していく表情と空間が、この地の歴史と未来を結ぶ入り口となることを意識したデザインです。

緑景で街並みを潤し、四季の
表情で日々を彩る植栽計画。

落ち着いた街並みに調和する、品位ある構えを創るエントランスの緑景演出。日々の風景に四季折々の潤いを添える樹種の選定。都心生活を邸の内外から上質に彩る植栽計画です。