Loading...

松平阿波守の屋敷跡に住まう。

 
 
 
 
 

出典/国立国会図書館所蔵

心豊かに住まうための本質が、今も息づく。

江戸時代、徳川御三家に次ぐ“一国大名”の格式を有した松平阿波守が屋敷を構えた地。
由緒あるその跡地が「 中央湊」の舞台です。
かつて、選ばれし人が誇らしく穏やかに住まうために望み、育み、守り継いだ
質の高い住環境や、趣きある街並みには、
現代都心を心豊かに住まうための本質が、今も息づいています。

刻を超えて紡がれる、格式高い居住区の記憶を引き継ぐ。

鉄砲洲稲荷神社(徒歩1分/約80m)

江戸の息吹を遺す
鉄砲洲稲荷神社。

江戸時代の人々の暮らしの中心にあったのは、
地域の神社でした。
この地の信仰を集めてきた「鉄砲洲稲荷神社」は、
祭りなどの年中行事等や境内に隣接する公園とともに、
今も地域の憩いと安らぎの場として、人々の暮らしと強く結ばれています。

聖路加国際病院(徒歩7分/約490m)

街に寄り添う象徴が物語る、
安住の地としての
希有なる地歴。

首都圏有数の大規模総合病院であり、
美しい川辺のランドマークとしても知られる、1901年創設の聖路加国際病院。
創建から400年を超え、国の重要文化財にも指定される築地本願寺。
暮らしに寄り添い、人々の平穏と安息を見守り続ける2つの象徴が、この地の安住の質を物語ります。

隅田川テラス 徒歩4分/270m

水辺都市・東京の癒しと潤いを
大らかに愛し楽しむ、隅田川。

水運の都・江戸の“繁栄の生命線”であり、
「大川」の愛称で人々に親しまれてきた隅田川。
雄大に広がる水辺の風景は、
都心湾岸エリアを代表する美景を描き、
整備された隅田川テラスには、
豊かな癒しと潤いの時間が流れます。

隅田川テラス(徒歩4/約270m)

便利な毎日をサポートするスーパーやコンビニエンスストアが充実し、
図書館や医療施設も身近に整う、利便性に富んだ「 中央湊」の舞台。
地域の人々に親しまれている鉄砲洲稲荷神社にほど近い上、
徒歩1分の区立中央小学校や鉄砲洲児童公園をはじめとする多くの公園が、
子育てにも安心の住環境を形成しています。
快適なオンタイムから隅田川テラスで過ごす潤いと開放感のオフタイムまで、
贅沢な都心ライフを満喫できるロケーションです。

中央区立中央小学校(徒歩1分/約80m)

学び・文化振興の取り組み

中央区立 中央小学校

【 最新鋭の教育施設・地域住民の活動拠点 】
「都心型の学校建築」を創造することを目指し、可動床付の温水プールや開閉式のドーム屋根がついた屋上校庭など、都内の公立小学校の中でも屈指の設備を誇ります。
複数の教員による密な授業、生徒皆が話し合い解決していく学習スタイルが特徴的です。


「暮らす都心」として、人気の高まる中央区

中央区はこれまでの人口推移と共に区民への意識調査を行い、30年間での人口増減を推計。意識調査の結果から区民が何を求めているのかを割り出し課題の発見・解決を行うことで誰もが住みやすい環境作りを推進。その結果は、23区内トップの人口増加率に表れています。